logo

コロナ 温暖 化。 新型コロナ:静岡県地球温暖化防止センター、省エネ機器を無償貸与 :日本経済新聞

RIETI

これはとりもなおさず、そうした化石燃料をCO 2排出のない太陽光や風力といった再生可能エネルギーに代替していく際の投資採算性が悪化することを意味する。 巨額のコストをかけて実施される EUグリーンディールの成否は、それが温室効果ガスを削減できるかどうかではなく、EU域内の経済成長や雇用の拡大に本当に寄与するかどうかという点と、その成果が比較的早く域内市民に実感できるものとして返ってくるかどうかにかかっているのである。 しかし短期的にはその発生源である中国の経済停滞、更には感染者の世界的広がりによる世界経済の停滞によってCO 2排出量が前年比減になることが予想される。 このプロジェクトに、2021~27年の間、1兆8500億ユーロ(約222兆円)という天文学的な予算を投じるという。 欧州の新型コロナウイルスの感染者・死者の1日あたりの増加数は、米国や中南米諸国に比べると大幅に少なく、経済活動も徐々に再開されつつある。 特に中国だけでも25%の排出量が減っており、皮肉にも地球温暖化を大きく抑制している状態にある。 コロナ対策としてのマスクと原子力 そして、原子力発電は、コロナ対策で考えると、マスクのようなものとも考えられる。

Next

新型コロナウイルスの影響で、温室効果ガスの排出量が世界的に激減している

経済にダメージを与える対策は、先の見える短期緊急対策ならともかく、長期にわたって施行することは難しいというのがコロナ危機の教訓であるが、こうした対策と経済の相克の構図が、より大きなタイムスケールで気候変動対策でもおきてきてもおかしくない。 では、なぜEUは、コロナ危機対策のために多額の出費が必要な時代に、CO2削減対策にも巨額の費用を投じるのだろうか。 彼らはさぞ満足なことだろう」といった皮肉な見方もある 注2 が、それはフェアな見方ではないだろう。 「エネルギー価格がどん底にまで落ち込んでいることで、化石燃料に対する補助金をカットし、炭素税を導入しやすくなっている。 需要が喪失したために設備は止まっているが、供給能力はそのまま維持されている(国際的なバリューチェーンが寸断されて、マスクや自動車のように供給能力に支障をきたした例もあるが、物理的に生産能力が失われたわけではない)。 しかし新型コロナウィルスにより国際会議が軒並みキャンセルとなっており、各国間の移動そのものも麻痺状態になりつつある。 2013年に国連が実施したMy World では1位が教育、2位がヘルスケア、3位が雇用で、温暖化防止は最下位だった 注8。

Next

新型コロナと地球温暖化対策の国際会議 9月オンライン開催へ

その後、中国のコウモリから多数のコロナウイルスが発見されたと報道された。 しかしグリーンニューディールは大規模なエネルギー転換を必要とし、それによる勝者と敗者を生み出すことになる。 はじめに 新型コロナウィルスによるパンデミックが世界中で社会・経済活動をマヒさせている。 採った対策自体は、温室効果ガスの大気中濃度抑制による温室効果低減という即効性が期待できるのに対し、目的としている地球の気温上昇抑制は、太陽輻射による地球への入熱、大気や海洋の熱容量や伝熱速度、そのほか様々な気候システムの要因がからんだ複雑かつ長期間の応答プロセスを経て、時間をかけて徐々に発現するものであり、世界が仮に今すぐ排出を止めたとしても10年以上は温暖化の勢いが継続するとの見方もある 注1。 もちろん関係します。 加えてコロナ対策と比較したとき、気候変動問題の対応を難しくしているのは、対策とその効果の間の時定数が非常に長いという気候システムの特性である。 温暖化による水害や森林火災ですみかを追われたり、新しい環境に適応せざるを得なくなった動物たちには、これまでにないストレスがかかっています。

Next

(2ページ目)【新型コロナウイルス】科学者が警告 地球温暖化とウイルスの関係にスポットが|日刊ゲンダイDIGITAL

そこに今回のコロナ危機が襲い、消費・販売が蒸発してしまったため、運転資金や固定費負担のために借金をさらに増やさざるを得ない状況に追い込まれている。 コロナ危機が深刻な米中対立を生んでいる状況を見ると、国際政治の現実はこの可能性を否定できない。 しかし、これが地球温暖化問題を解決するという主張は、あまりに楽観的な前提にたっていないだろうか?筆者は必ずしも悲観論者とは思っていないが、コロナ危機の影響、特に経済にもたらすインパクトは尋常ではなく、IMFが指摘するように20世紀前半の大恐慌に匹敵するくらいの社会経済危機をもたらしかねないというのは、あながち大げさでもなさそうである。 新型コロナウィルスが短期的にCO 2排出減につながるとしても、国際的な温暖化防止努力にとっては逆風であるという見方は強い 注3。 先ずコロナウィルスは、人を介して感染が拡大するので、その対策の第一歩が、人の往来や接触を避けることになる。

Next

「コロナ対策」は「温暖化対策」EUがつけた「天文学的予算」の狙い(上):熊谷徹

仮に、V字回復があったとして、それはまた喜ばしいことですが、地球温暖化が進むという事実でもあります。 いわば、欧州をコロナの傷痕から立ち直らせるための、「第2次マーシャル・プラン」だ(マーシャル・プランとは、第2次大戦の被害から西欧諸国を復興させるために、米国が行った支援プロジェクト)。 3月26日の20カ国・地域(G20)首脳のテレビ会議で5兆ドル以上と日本の国内総生産(GDP)に相当する規模の景気刺激策が発表された。 昨今のナショナリズムの高まりと相まって、各国が極端に国産指向になると、効率の悪い設備の生産も増える。 エネルギー需要の激減で原油価格は暴落し、エネルギー・資源企業も軒並み格付けを下げて経営危機に直面している。 そこのことで野生動物はヒトの介入がなければ増え、ヒトの介入によってある程度抑えられるものの、ヒトとの接種く機会が増えます。

Next

コロナからの回復ついでに「温暖化対策」? それで果たして、産業を守れるのか

気候変動問題が人類文明の未来がかかった存亡の危機であることを訴え、「 このダボス会議では、みなお金のことを話しています。 注5). この水素を製造業界や交通機関のための燃料として使用すれば、CO2を大幅に削減することができるのだ。 温暖化対策の推進者いわく、米国は今回の新型コロナウイルスによる危機を「ポスト石油」の世界に備える機会として活用すべきだという。 たけしが各自治体の取り組みや対応を聞いたうえで「人に感染して、爆発的な死者が出ることで大変なんでしょ?それで言ったら自殺者やがんで亡くなる人が一日何百人といるわけだから、数でいったらパニックになるわけだよね。 航空燃料やガソリンなど、人の移動に伴うエネルギー需要が瞬く間に蒸発し、経済活動も急ブレーキがかかっている中、石油は供給過剰状態に陥り、原油価格は歴史的な暴落を経験している(米国では原油先物価格に一時的にマイナス価格が付いた)。 中国にサプライチェーンを依存してきた企業によるリスク分散のためのサプライチェーン見直し設備投資や、「withコロナ」の「新しい生活様式」を支えるための情報通信などの設備投資はある程度期待できるものの、発電設備や交通インフラ、オフィスや住宅建築物といった、フォン・デア・ライエン欧州委員長が指摘したような、エネルギーを大量に使う設備やインフラへの投資は、コロナ復興需要として必然的に出てくるものではなく、どうしても実施しようとすると、既存の(壊れていない)資本財を捨てて新たにグリーンな設備やインフラに入れ替えるという、政策的な後押しがあってはじめて需要が発生する類の投資案件である。

Next