logo

中国 コロナ 終息 嘘。 新型コロナ「中国生物兵器説」がこれほど拡散された理由。新興宗教「法輪功」など反中勢力が暗躍

中国の新型コロナウイルス感染拡大が終息へ イタリアへ支援物資提供

例えば、2014年にアメリカに亡命して反中国活動を続けている富豪の郭文貴氏は、自身のメディア「郭媒体(GUO MEDIA)」のプロパガンダサイトを通じて「新型コロナウイルスが人工ウイルスであることを中国が認めた」と発表した(2月3日)。 北京市は武漢から戻ってくる人の人数を制限し、全員にPCR検査を受けさせている。 514件のビュー 2020年5月8日 に投稿された• 一方、新たに感染した人は24人にとどまり、感染者数はほぼ横ばいの8万778人だった。 このような措置は、農村部の医師すらいない地区から来た潜在的な感染者を都市に復帰させて、職場に集めて働かせることを意味しており、新たな2次的感染拡大を招くおそれがある。 中国では2月4日くらいから、各地一斉に合わせたように感染者が減ってきて、今や武漢以外はほとんど患者が出てないレベルです。

Next

全部ウソだ!武漢市民が罵声 中国「やらせ視察」に批判 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

専門家らは、 暫定的に新型コロナウイルス2019- nCoVが疾患の原因と判断した。 経済学で言うところの「 合成の誤謬」がAIには理解できない。 ユーチューブでは、今回のコロナウイルスも同研究所から漏洩したものではないかとの疑惑を訴える声も出ている。 もしも中国が研究している生物兵器であるとすれば、コロナウイルスのDNAが早期に解明され公表されたことも不自然ではない。 。

Next

新型コロナウイルス 世界蔓延に対し、中国は責任を感じないのか?【その他:記事257】

さらに遠藤誉筑波大学名誉教授によれば、習近平氏の決定により、封鎖実施が23日の10時まで8時間引き延ばされたため、感染はさらに拡大したとみられている。 そのためにかえって、情報を隠蔽し事実を歪曲して、何とか独裁体制の面子を保ち、権力の正統性を守ることに躍起になる。 SARSの教訓を踏まえて、このような新型の感染症が起きれば、WHO(世界保健機関)を通じ、直ちに国民と世界に対して、その脅威を警告することが国際合意になっていた。 これに対して、中国外交部は各国の大使館に命じて、積極的なプロパガンダを行なわせ、「中国自慢」と「欧州批判」という、あってはならない逆立ち現象を見せている。 全社出勤時に体温測定して発熱者いるとすぐにPCR検査受けさせに行き、数時間で結果出ます。

Next

【朗報】中国でコロナほぼ終息wwwwwwwwwwwwww

収束した暁には世界中で中国への賠償金が勃発するでしょうし、中国の対応に激怒した米英陣営によって、経済はブロック化するでしょう。 しかし、その一方で、武漢では1月19日、万家宴と称される春節を祝う4万世帯が一堂に会する大宴会が催され、感染はさらに拡大している。 実はこれが、真実ではないかと感じています。 12月16日には、上海の感染予防センターがサンプルを採りに武漢に赴いており、その結果は1月5日には報告されている。 2月15日:66,491人• この延期決定は、1月22日からのWHO会議において、中国では深刻な感染拡大は起こっていないからWHOとして緊急事態宣言を出す必要はない、との口実を与えるための措置であったとみられている。 また武漢市当局の高官は、1月14日には、あと数週間で今回の感染症は収束するだろうとの楽観的な見通しを公表している。 約8割が国内生産のトイレットペーパーも、需要の高まりを受けて4月から値上げを決めました。

Next

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性(2020年3月18日)|BIGLOBEニュース

この問題は、後で取り上げる。 つまりはそういう人物だ。 721件のビュー 2020年2月27日 に投稿された• また中国当局は春節後、できるだけ早期に民工などを職場に復帰させあるいは臨時工を雇わせて、武漢などの企業の就業再開を急がせている。 防疫対策と治療が成功裏に進めている事を示す為に、治療中の患者数を意図的に減らしていたという。 ただし、感染症専門家の医師は、データが少ないため「新型コロナウイルスが温度に強いとも弱いとも言えない」と反論している(沖縄タイムス、3月1日)。 それに乗じて、3月4日、鐘南山氏は「ウイルスの発生源と伝達システムについて研究せよ」と命じ、コロナウイルスの発生源は中国とは限らないと発言している。 ユーチューブでは、今回のコロナウイルスも同研究所から漏洩したものではないかとの疑惑を訴える声も出ている。

Next

新型コロナ:中国で終息の嘘と2次感染の危険性(2020年3月18日)|BIGLOBEニュース

欺瞞工作の一環であろう。 その結果、コロナウイルスをめぐる情報は、当局により歪曲され、対外的な情報戦の様相を呈している。 法輪功系メディアも「人工ウイルス」と主張 ニューヨーク市内を行進する疑似宗教団体「法輪功」の支持者たち。 当局は、感染患者の約8割は、症状が回復し復帰したと発表しているが、残り2割は重症か死亡したとみられる。 生活の改善ぶりをアピールした地区管理者の「やらせ」に批判が集まったものだが、形式主義を排すよう求める習近平(シーチンピン)国家主席の指示が現場に行き届かない実態もあらわになった形だ。 1月3日に武漢市は、WHOと米国にウイルスの発生について報告している。

Next

新型コロナウイルス終息で生まれる「ノーモア中国」 (1/2)

なお、董宇紅氏について過去の言動を検索してみたところ、法輪功のメディア「大紀元」のインタビュー記事(2016年6月10日)に登場しており、 「法輪功の気功は末期がん患者に延命効果がある」と発言している。 それがパンデミックを招く元凶となった。 一般的に、遺伝子配列の解析企業は3日後、(今回の場合は)つまり12月27日には解析結果を提出する。 武漢市党委員会書記以下も、過度の保身に走り、ヒトからヒトへの感染という重大な事実の隠蔽工作に走ったものと思われる。 李医師が亡くなると李医師への同情の書き込みが殺到したこともあり、党中央は中国全土からサイバー戦部隊を武漢市などに送り込み、メールの書き込み、その他のインターネットの監視、当局にとり不都合な書き込みの徹底削除に乗り出した。 今沢山の情報戦が繰り広げられているが、正直騙される奴はいない。 この点でも、中国の感染抑え込みは期待できず、真の状況は当局の発表よりもはるかに悪化しているとみるべきであろう。

Next